札幌駅前

しきしま乳腺外科クリニック




乳房のレントゲン(X線)です。乳房を圧迫し撮影します。左右、2方向(2回)撮るのが一般的です。

腫瘍、石灰化など異常がないか確認します。石灰化の描出にはエコー検査より優れています。当院では最新のフルデジタルマンモグラフィ(東芝Pe・ru・ru)を用い、フィルムを用いることなく高精細モニタ(5M)にて診断します。


乳房に直接、超音波をあて乳房内の構造をテレビモニターで映し出しながら検査します。

乳房に直接、超音波をあて乳房内の構造をテレビモニターで映し出しながら検査します。腫瘍の描出においては、若く、乳腺の発達した方ではマンモグラフィーより優れています。当院のエコーは腫瘍内の血流を描出するドップラー、腫瘍の硬さを測定するエラストグラフィーの機能を備えており、より詳細に腫瘍の診断を行うことが可能です。また細胞や組織を採取する際も、エコーで確認しながら行います。
エコー検査は肝臓や胆嚢など腹部臓器の観察にも適しており、肝臓に腫瘍がないか、胆石の有無などについて検査を行います。

穿刺吸引細胞診(FNAC)は細い注射針を腫瘍内に刺し、吸引し細胞を採取しプレパラートに吹きつけ、顕微鏡で観察し良性、悪性の診断を行います。細い針で行うため麻酔の必要はなく、数分で終了します。細胞診では良性か悪性かを診断できない場合があり、そのときには下記の組織診を行います


針生検(CNB)は局所麻酔の後やや太い針を腫瘍に刺し組織片を採取し、顕微鏡で観察し診断します。組織診断であり、病変が確実に採取されればほぼ100%の診断がなされます。しかし、診断が困難な場合は腫瘍を摘出することで最終診断を行います。